【プラチナチャレンジ】私はおすすめしない。その理由を通常料金と比較しながら解説!

ゴールドエリートの次のステップである、プラチナエリートになるための手段としてプラチナチャレンジがあります。この記事では、プラチナチャレンジは本当にやるべきかについて、プラチナエリート特典を使用した場合、通常料金で支払った場合を比べて比較しました。また、ゴールドエリートとプラチナエリートの違いや、プラチナエリートの特典も紹介しているので合わせてご覧ください。

【結論】プラチナチャレンジはやるべきか

プラチナチャレンジにかかる費用と、年間のクラブラウンジがあるマリオット系列ホテルの宿泊数によってお得かどうかが決まります。今回の計算では、年間5泊以上する人は、プラチナチャレンジをする価値があると思います。その結果について、詳しくみていきましょう。

プラチナエリートになるためには

プラチナエリートになる方法は3つあります。

  • マリオット系列のホテルに年間50泊
  • マリオットボンヴォイアメックスで年間400万円の決済をする
  • プラチナチャレンジをする

私のおすすめは、マリオットボンヴォイアメックスで年間400万円決済することです。なぜかというと、1番無駄なくプラチナエリートになることができるためです。他の達成方法は、プラチナエリートになるために、お金を払わなければなりません。しかしマリオットボンヴォイアメックスで年間400万円決済では生活費用を決済することで、プラチナエリートになることができるため1番コスパの良い達成方法になります。

プラチナチャレンジとは

プラチナチャレンジとは、過去1年間にマリオット系列のホテルでの宿泊実績がある状態から、期間内(3ヶ月以内に)にマリオット系列のホテルに16泊するとプラチナエリートになれる制度です。

プラチナチャレンジに参加する方法

プラチナチャレンジの参加方法は、0120-92-5659に電話をしてプラチナチャレンジしたい趣旨を伝えるだけ!!とっても簡単です!!

注意点は、会員ステータスがゴールドエリート以上であること、過去1年以内に宿泊実績がある人がプラチナチャレンジの対象になります。

プラチナチャレンジの注意点

プラチナチャレンジに参加する方法は、電話をすれば良いだけなので簡単ですが、宿泊する際の注意点があります!!この注意点をしっかり把握しとかないと、プラチナチャレンジが無駄になってしまうので気をつけましょう!!

プラチナチャレンジの注意点
  • チャレンジ期間は、申込月の翌月から3ヶ月間(申込日が2日以降の場合)
  • 有償宿泊のみが対象で、ポイント利用や無料宿泊の宿泊はカウントされない
  • 1日につき1部屋のみが対象であり、本人の宿泊に限ります。
  • 予約は、マリオットボンヴォイ公式サイトから行う
  • 宿泊実績が2倍となるキャンペーン中でも、プラチナチャレンジを達成するには16泊が必要
  • アパートメント系のホテルは対象外

特に予約方法は、公式サイトから予約をしないと会員との紐付きがないので、必ず公式サイトから予約をしましょう。(会員連携があるため)

プラチナエリートになるためのお得な期間

プラチナエリートは、一度取得すると最大2年間プラチナエリートを保有することができます。ただ、プラチナエリートになる期間に気をつけないと、取得しても1年しかプラチナエリートを保有することができないので気をつけましょう。

プラチナエリートの周期は、毎年1月末を境目としています。そのため、2月中にプラチナエリートになることで、最大限の期間プラチナエリートとして会員資格を保有することができます

そのため、プラチナチャレンジは、11月から始めるのがベストと言えるでしょう!!

プラチナチャレンジはやるべきか、通常料金との比較

プラチナチャレンジとは、過去1年間にマリオット系列のホテルでの宿泊実績がある状態から、期間内にマリオット系列のホテルに16泊するとプラチナエリートになれる制度です。

参加条件
  • Marriott Bonvoy会員としてポイント加算された実績があること
  • ステータスがゴールド以下であること
  • 0120-92-5659に電話する

プラチナチャレンジをする場合、2月が最もお得なので、2月に16泊した場合の宿泊費用を計算していきます。東京or大阪で、プラチナチャレンジをした場合を確認していきます。

まず東京の2月最安値は、約40,000円/日なので、プラチナチャレンジには640,000円かかります。。。(高え)

続いて大阪ですが、東京に比べて半分の値段で宿泊することができます。それでもプラチナチャレンジをするには320,000円かかることがわかりました。

以上の金額をベースに、プラチナエリートで宿泊した場合と通常料金で宿泊した場合の費用の差額を計算していきます。ここで比較する特典は、クラブラウンジ利用、お部屋のアップグレード、レイトチェックアウト、朝食無料のみをピックアップして計算していきます。なぜこの4つの特典に絞ったかと言いますと、プラチナエリートの醍醐味は、4つの特典だと思います。この特典のために、プラチナエリートを目指している方も多いと思うので、この4つの特典に絞り計算をしました。

今回比較するのは、ある日のウェスティンホテル(東京、横浜)で計算しました。※レイトチェックアウトは、軽井沢マリオットの計算方法で算出しました。(ウェスティン系列は調べても出てこなかったため)

初めに、ウェスティンホテル東京の場合を見ていきます。こちらのホテルでは都内でも数少ないラウンジあるホテルで、最近リニューアルされたためプラチナエリートには大変人気のあるホテルです。

参考:https://www.marriott.com/ja/hotels/tyowi-the-westin-tokyo

通常料金と比べてプラチナエリートの場合、66,900円~68,000円お得になることがわかりました。

項目通常料金プラチナの場合差額
お部屋代
→アップグレード
65,000円
→76,000円
65,000円
→0円
11,000円
クラブラウンジ30,000円/人(2hまで)0円30,000円
レイトチェックアウト
(お部屋代30%)
19,500円0円19,500円
ウェルカムギフト(朝食)6,400円~7,500円0円6,400円~7,500円
合計125,500円65,000円66,900円~68,000円
ウェスティンホテル東京

続いてウェスティンホテル横浜を確認していきます。こちらも大変人気のホテルになります。ウェスティンホテル東京に比べて、クラブラウンジの通常料金とお部屋代は安いです。差額を計算した結果、プラチナエリートになることで約45,000円お得になることがわかりました。

項目通常料金プラチナの場合差額
お部屋代
→アップグレード
43,000円
→59,000円
43,000円
→0円
16,000円
クラブラウンジ12,430円/人0円12,430円
レイトチェックアウト
(お部屋代30%)
12,900円0円12,900円
ウェルカムギフト(朝食)3,850円0円
合計84,330円43,000円45,180円
ウェスティンホテル横浜

なるほど….

以上の結果から、通常料金と比べて、40,000円から60,000円程度プラチナエリートになることでお得になることがわかりました。だた、こちらはあくまで参考程度で見てください。理由は、差額はお部屋のアップグレードの金額によって変化します。お部屋代は日々変化しますので、一概にいくらという金額を出せないからです。

先ほどのプラチナチャレンジでかかる費用と比較すると、平均20,000円/日の宿泊費を支払いプラチナチャレンジをしても(大阪の場合)、年間5泊以上(320,000円÷40,000円)しなければ、元が取れない結果になりました。

プラチナチャレンジ結果(参考)
  • 東京:640,000円
  • 大阪:320,000円

もちろんプラチナエリートには、今回計算で使用した得点以外にも様々な特典はありますが、プラチナエリートの醍醐味は、上記の4つの特典だと思いますので、こちらの計算を参考にしていただければと思います。

ゴールドエリートとの違居について

ゴールドエリート会員でも以下のような様々な特典を享受することができます!

ゴールドエリート特典一覧
  • 滞在ごとに25%のボーナスポイント
  • 希望の客室へのアップグレード
  • 14時までのレイトチェックアウト
  • ウェルカムギフトとしてポイント進呈
  • 客室内の高速インターネットアクセス無料
  • エリート専用の予約ライン
  • 会員限定の料金
  • 完全な予約保証
  • モバイルチェックインまたはキーレスアクセスの利用
  • 特典除外日なし
  • キャッシュ+ポイントの利用可能
  • 即座に特典の交換
  • ポイントセーバーを利用可能

しかし、プラチナエリートになることで、ゴールドエリートの100倍ホテルステイを楽しむことができます。なぜ100倍楽しむことができるかと言うと、プラチナエリートになることで、ゴールドエリート特典ではなかった、以下の特典が享受できることです。

プラチナエリートが魅力的な理由
  • ラウンジへのアクセス
  • ウェルカムギフト朝食無料
  • 16時までのレイトチェックアウト

この特典については、次章で詳しく説明させていただきます!!!

プラチナエリート特典

プラチナエリート特典は、図のような感じで14種類あります。内容としては、ゴールドエリートと被るものもあります。しかし、先ほどもお伝えしたとおり、プラチナエリートになることで、以下の赤字の特典を享受することができます。この特典がプラチナエリートとしてのいちばんの魅力だと思います。

プラチナエリート特典一覧
  • 50%のボーナスポイント
  • 16時までのレイトチェックアウト
  • エンハンスドルームへのアップグレード
  • 客室内Wi-Fi無料
  • キャッシュ+ポイント(現金とポイントの組み合わせで予約可能)
  • インスタント交換(ホテル滞在中の食事やお酒などがその場でポイントで支払い可能)
  • 選択できるウェルカムギフト
  • 完全予約保障
  • PointSavers(ポイント利用時に少ないポイントで利用可能)
  • 50泊のエリートナイトクレジット達成による年間チョイス特典
  • 会員限定料金
  • エリート会員専用サポート
  • クラブラウンジアクセス
  • モバイルチェックインとモバイルキー

3つの特典について、体験談を用いて説明させていただきます。

クラブラウンジアクセス

こちらは、プラチナエリートから利用することができる特典です。この特典の最大の魅力は、宿泊中ご飯に困らないことです。笑

例えば、私が以前宿泊したウェスティンホテル東京では、クラブラウンジを朝昼晩利用しました。そのおかげで、宿泊中かかった食費は0円です。笑

ウェスティンホテル東京のクラブラウンジカクテルタイム
ウェスティンホテル東京のクラブラウンジティータイム

この特典は、本当に魅力的です!!!

選択できるウェルカムギフト(朝食無料)

クラブラウンジの特典がインパクト強すぎて、影に隠れているこの特典もものすごくおすすめです。クラブラウンジは、全てのマリオット系列のホテルにあるわけではありません。しかし、このウェルカムギフトの朝食無料券は、マリオット系列のホテルに宿泊した場合必ず選択できる特典と言っても過言ではないです。(今まで私が宿泊したホテルの中では必ず選択することができました。)

私は以前、プーケットで宿泊したホテルが、クラブラウンジがないホテルでしたが、この特典のおかげで無料で朝食をいただくことができました。

ルメリディアン・プーケット_朝食

16時までのレイトチェックアウト

プラチナエリートでは、ホテルの混雑度によって16時までのレイトチェックアウトを利用することができます。ゴールドエリートでも14時までお部屋にいることができますが、14時ってなんか微妙なタイミングですよね。お家に帰るのもまだ早いし、どこかで遊ぶとなっても、、、という感じですが、16時までホテルステイできることで、その迷いもなくなりますし、クラブラウンジのアフターヌーンティーも利用できたりと、お得すぎる特典内容になります。

私は、バンコクで宿泊中、16時レイトチェックアウトを利用できたことで、帰りの飛行機のギリギリまでホテルステイすることができました。

まとめ

プラチナチャレンジは、プラチナチャレンジにかかる費用と、年間のクラブラウンジがあるマリオット系列ホテルの宿泊数によってお得かどうかが決まります。今回の計算では、年間5泊以上する人は、プラチナチャレンジをする価値があると思います。ただプラチナエリートには様々な特典があるため、総合的に考えてプラチナエリートになるかならないかは決めてほしいと思います。

プラチナエリートになることで、ゴールドエリートの100倍ホテルステイを楽しむことができます。100倍楽しめる要因として、3つの特典があります。

プラチナエリート特典の醍醐味
  • ラウンジへのアクセス
  • 朝食無料
  • 16時までのレイトチェックアウト

いかがだったでしょうか。この記事が参考になっていただければ幸いです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント